まず、人工透析について説明する前に、腎臓の働きについてお話ししましょう。
【腎臓の働き】

  1. 体の中で不要になった老廃物を排泄します。
  2. 水分の調節をします。
  3. 電解質のバランスを調節します。
  4. 血液を弱アルカリ性(pH=7.4)に保ちます。
  5. 骨髄というところで作られている赤血球の産生を促す造血刺激ホルモンを分泌します。
  6. ビタミンDを腸から血液中のカルシウムの吸収を助けるのに使われる活性型ビタミンDにします。
  7. 血圧の調整をします。
  8. 不要になったホルモンを不活化します。


 様々な原因によって腎臓が障害を受け、腎臓が上にあげた本来の機能を果たせなくなった状態(こういう病態を慢性腎不全といいます)になった患者さんに対して、尿毒素という老廃物や余分な水分を取り除き、電解質を調整し、血液中のpHを一定に保つのが、人工透析なのです。

 通常、腎不全の患者さんに一週間に2〜3回、1回に3〜5時間かけて透析を行います。

 当院では、現在29名(透析ベッドは10床)の患者さんがこの治療を通院で受けておられます。

現在の透析時間帯は次の通りです。

月・水・金 午前6時30分 〜 午後5時
火・木・土 午前6時30分 〜 午後1時



若い方のスポーツ中の急死事故を未然に防ぐためだけでなく、これから運動を始めようという方の心臓検診や中高年者のメタボリックシンドローム生活習慣病高血圧症糖尿病高脂血症等の病気をいいます)に対しての、最適な運動の種類、強さ、持続期間、頻度を書いた運動処方箋を作成するために、当院では

  1. 問診
  2. 診察
  3. 心電図検査
  4. 運動負荷心電図(自転車エルゴメーター)検査
  5. 24時間心電図検査
  6. 心エコー(心臓超音波、ドップラー、カラー)検査

を行っています。また、肥満に対しての食事療法、運動療法、薬物療法も行っています。

運動療法施設

イシダ・メディカルフィットネス 運動療法士 石田 一喜

  別府市上人ヶ浜 8−20 (別府競輪場前)
  TEL・FAX 0977−66-0044

と連携して、中高年の生活習慣病のみならず、スポーツアスリートのボディケアにも助言や指導を行っています。